スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

不特定多数の方に訪問して頂いているため、
通常の新年の挨拶は控えております…。

2013年も明けました。
昨年は年始から悲しいお知らせ記事を載せ、
わたくし達夫婦を慮る、温かいコメントやメッセージを
たくさん頂きました。その励ましに慰められつつ新年を過ごし、
有難いことに5月にまた新しい命を授かる事ができました。

そして昨年末、約3週間早く長男が生まれました。

臨月に入ってから急激に両足が浮腫み、血圧が上昇しました。
普段は110/70あたりだったのが、160/100くらいにまでになってしまい、
急遽、12月19日に入院しました。自然分娩を目指して
数時間おきに胎動をチェックしていましたが、
21日午前に「赤ちゃんの状態が良くない。元気がない。
すぐにでも帝王切開で取り上げましょう」という流れになりました。

MDくんの立会いを望んでいましたが、
緊急手術になったためと彼の病院への到着が遅くなり
手術室の外で待ってもらうことになりました。

帝王切開自体は20分くらい。
ベッドに横たわって数分後には赤ちゃんの産声が聞こえ、
看護婦さんが私の横に連れて来てくれました。
ただ抱き上げることは出来ず、頬にキスして
「Welcome to this world...」と声をかけた後は
意識が遠のいていきました。次に目が覚めたのは2時間後。

その後は、回復室で独り一晩過ごし同病院で
手術後の経過を診るために1週間入院しました。
MDくんが献身的に尽くして支えてくれたのと、
東京から来てくれた親友のともちゃんが精神的に支えてくれた事もあり、
最初の数日間は痛みばかりで辛かったのですが、
それを二人が随分和らげ癒してくれまして、
何とか順調に回復することができました。

退院した後はそのまま、数ヶ月前から予約していた
産後調理院(サヌジョリウォン)に移りまして、
28日から2週間ほどこちらで産後の体調を整える予定。
すでにあと3泊すれば、木曜日には退院して自宅に戻ります。

オムツ替えも慣れましたが、沐浴はまだ自分たちでやっていないので
ちょこっと不安ですが、何より不安なのは授乳です。
お乳は出ているのですが量が少なく、おっぱいを嫌がって
直接飲んでくれないので、搾乳した母乳を哺乳瓶で飲ませています。
授乳時間に新生児室から電話で呼び出される度に
直接飲ませようと訓練するのですが、イヤイヤを首を振って飲んでくれません。
なので、母乳とミルクの混合で今は乗り切っています。

自宅に戻ったら夜中の授乳も開始するし、
赤ちゃんも少しは成長しているはずなので
(乳首をくわえ易くなる、母乳の頻度を上げるという意味で)
練習練習…を根気よく続けるつもりです。
数ヶ月後には完全に母乳だけになっている事を願って…。

そしてもう一つ不安なこと。
まだ名前が決まっていません!!!(どうする?
男の子の名前を考えていなかったので、毎晩MDくんとネットと睨めっこしながら
この名前、この漢字はどうかと集中会議をしています。
でも「これだ!」という名前が見つからず、
先日はテグから義理家族も来て、義理両親の好みも加わって
「あーでもない、こーでもない」と話し合いが続きました。(疲れる!
でも義両親は私たちに任せてくれている点だけでも
有難いと思っています。「私たちにつけさせろ!」
なんて言われないだけマシです。(笑

私たちの場合、長男に徴兵に行かせるつもりがなく
義理両親も「日本国籍を選んでも構わない。徴兵に行かせなくていい」
と結婚前から変わらずそう言ってくださっているので
将来は日本人として通用するよう日本名を優先して決めたいのです。
できれば近いうちに命名して、胎名である「クリちゃん」を
卒業したいと思っています。うーーん、どうなるのやら。

自宅に帰りリズムが出来れば、またネット生活にも戻り
少しずつ赤ちゃんがいる3人家族の生活も楽しめるように
なるんだろうな~と思っています。今からワクワクしています。

少し遅いご挨拶になりましたが、
皆さんの2013年も実り多い素晴らしい一年になりますよう♪
たくさんコメントも頂き、感謝申し上げます。
ありがとうございました~!
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。