スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友が実在モデルのドラマ「クレオパトラな女たち」が日テレ22時から放送!

先週のことです。

東京にいる親友の一人、Kちゃん(仮名)が誕生日を迎えたので、
御祝いの電話をかけたのです。

私が「こんばんは~♪」と言うと、
「ああぁぁぁ~絢香ちゃんだ~!!!」
とすぐに分かってくれて。
その後はガールズトーク爆発で長電話が始まったのでした♪

昨年からの私の状況を知っていたので、とても慎重に話をしてくれて、
優しい心遣いと相変わらずの繊細な接し方に癒されつつも、
お互いの近況を語り合えました。
そして驚きと嬉しいニュースを2つも教えてくれました!

一つは、彼女が第二子・次女を授かり、現在順調に5ヶ月に入ったこと!(祝!
二つ目は、彼女が実在モデルとして参考にされたドラマが放送されるということ!(驚!

日本テレビ「クレオパトラな女たち」で、4月18日(水)22時から放送開始
番組HPはココをクリック!彼女がモデルになった役は稲森いずみさんが演じるそうです♪

乳房再建手術の分野において世界でも5本の指に入ると言われ、
日本では第一人者として活躍なさっているI医師の右腕として
Kちゃんは形成外科医としてのキャリアを築いています。
非常に厳しい医師としても有名なI女史に師事することは、とても大変らしく、
たくさんの同僚医師や看護師、スタッフがクリニックを辞めていってしまうほどだそう。

そんな中で、褒め言葉や相手を認める言葉など皆無なI医師から
「あなたと一緒にこのクリニックをやっていきたい。」と言わせしめた彼女。
I医師はとても理想が高く、自分に対しても他人に対しても厳格で、
常に患者のために高みを目指す方なので、妥協が一切ないのだそう。
そんなI医師に心を開かせ、彼女の右腕となるまでに成長したKちゃん。
どんなに辛い状況にあっても、笑顔で乗り越えたと言ってました。
本当に偉い。彼女の人柄がよーく分かるエピソードでした。
今では、I医師の全面的信頼を得て、日々勉強と精進しているのだそうです。

どうしてドラマの話になったのかと経緯を聞いたら、
大御所・脚本家の大石静女史がI医師の書いた「形成外科の医療現場」を
綴った本に注目され、ドラマ化したいと企画を持ち込んだのだそう。
でも、I医師やKちゃんが専門とする実際の形成外科・再建外科は
結構グロテスクな手術が多いので、美容形成外科に設定を変更して
ドラマにするという事になったそうです。

<ウィキペディアより引用>
形成外科学とは、先天的あるいは後天的な身体外表の醜状変形に対して、
機能はもとより形態解剖学的に正常にすることで、
個人を社会に適応させる事を目的とする外科学の一分野。
例)乳房再建、火傷や凍傷の皮膚移植、奇形部分の修正など

美容外科は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、
専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、
独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、
日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。
外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。
また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。

*ドラマのHPでキャラ説明にもありますが、QOLとはQuality of Life の略称で、
人生の充実度のこと。人生をより楽しく過ごす満足度のようなものです。


どうしてドラマの事を教えてくれなかったの~と言ったら、
設定が形成外科から美容外科になっていたり、
実際は全員女性の職場なのに男性医師が入っていたり、
ドラマ自体がシリアスなのか、コメディなのか、まだ分からなくって…と言ってました。

そうか~自分がモデルとして作られた役であっても、
ドラマの中では彼女の人生や仕事内容が描かれているわけではないから、
ほぼフィクションの話に冷静に距離をおいて静観しているのね…と思いました。
そういうクールなところが好きだわ~。地に足がちゃんとついてる!

(でもさー自分の事を、美人女優が演じてくれるって…嬉しくないか?
私がもしその立場になったら、小躍りちゃうけどな~。)

ドラマ内の設定が若干違うのは事実なのですが…。
例えば、クリニック内ではNo.2で、患者さんからも信頼が厚いとか、
娘が一人いるとか、その辺は現実と一緒なんだけど、夫は脳外科じゃないし。
家事万能のお姑さんもいないし。まだ35歳だし!(ドラマ内では40歳)

昨年、家族3人で釜山にも遊びに来てくれたのですが、
旦那さんも私たちと同い年で、すごーく優しい理解者。
彼も医師なのですが、「な~んで、夫は脳外科の設定なの~!?」
と不満を漏らしていたそう。その顔が容易に想像できて爆笑しちゃいました。

日本でしか観られないかと思ってましたが、ネットで何とかなるかも…。
実際の手術シーンでは、I医師が本当に施術しているカットを使ったりするそうなので、
興味深く拝見したいと思っています。Kちゃんの役である稲森さん演じるキャラが、
どんな風に描かれていくのかも、期待して見ようと思ってます!!!

==================
私の近況ですが、木曜夜にソウル・近郊のアンサンに到着し、
翌日半日ソウル観光をし、夜中12時過ぎにまた釜山に戻ってきて、
土曜は休んで料理して食事して、日曜はTOPIKという試験を受験してきました。
月曜の夜には、また急遽お客様がいらっしゃり自宅で夕食を共にしました。

撮り溜めた写真や動画を編集したり、記事を書き溜めたりしてます。
また、英日翻訳の仕事が採用されまして、でもまだミーティングとかあって…。
今週末はまた旅行があるので、平日の間にいろいろ雑用を済ませています。
忙しくてコメントの返信が滞っておりますが、気長にお待ちくださいませ~♪

☆彡ブログランキング参加中です☆彡
「稲森さんの役の医師には韓国に嫁にいった
食いしん坊の親友がいるっていう設定にしてもらいなさいよ」
というお気持ちでポチッと!

ですよね!そして韓国美容外科の方まで裾野を広げてもらって、
ついでに韓国グルメのレポが入るっていう流れで…(←悪ふざけが過ぎたので自粛します。
1日ワンクリックの応援、いつもありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : ドラマ・映画 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

実はこのドラマ、気になってました。

見ますね~(^-^)

それから、英日翻訳 採用されたんですね!!
おめでとうございます。
!!

お忙しくなりますね。


あっ!
モントリオール在住の私の妹、急遽来週帰ってくることになり(格安エアーがとれたから)お寿司食べに連れてけとせがまれてます。(笑)


また ブログにおじゃまします~

妹さんの要求に速やかにお応え頂きますよう、お願い申し上げます。

智子さん~!

先週の内に記事を書こうと思っていたのに、
放送当日に書いちゃって…(焦

英日翻訳のお仕事なのですが、まだよくわからないんですよー。
仮採用?なんか、ミーティング(打ち合わせ)して、
まずは簡単な翻訳&字幕作成のトレーニングをして、
どれくらいの量をお願いするか調整して…それから正式に採用で…
とかいろいろ電話で言われたので、静観しています。
ペース配分とかは、今後の仕事量や映像素材によって
数ヶ月くらいしないとできないな~と思っています。

妹さんのリクエスト、激しく頭を上下に振って共感しました!
海外にいる日本人は、(例外はあるにせよ)日本の美味しいお寿司を
とても恋しく思っております。私もその一人。
ぜひぜひ、一日といわず、初日と最終日の最低2回は
連れていってあげてください!(泣 ←羨ましい為泣いている。
わたくしからも頭を低ーくして、お願い申し上げます。(笑

No title

見る!!!!!

ドラマ得意じゃないけど、見る!!!!!


って思ったら、これから~!?!?

あと、17分\(◎o◎)/!

間に合った!!!!

ドラマ、間に合ってよかった!

ともちゃん~おはようございます!

ともちゃんは彼女の事知ってるしね!
ドラマ、どんな感じでしたかねー?

私もネットで探して是非、観てみたいんです。
放送ギリギリに記事が読めたんですね!
良かった~!Kちゃんと次回会うチャンスがあったら、
ドラマの感想とか言ってあげてください。

ともちゃんも医療の現場はご存知だから、
リアルさとか私よりも分かるんだろうなー。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。