スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【西面の穴場店:チュッマウル(粥の街)】

 jook town cover 500 

ガイドブックに載ってない穴場店:バラエティー豊かな韓国伝統粥専門店
ミリオレ前にあり、アクセスも良いお気に入りのお粥店です。
【注文した料理、その時の値段(₩)】
海鮮粥、8,000
jook 500 400 

 【感想】
2010年5月中旬に、釜山に来た母が「朝はお粥が食べたいわ」
というので、夫が「ミリオレ近辺で働くOLさんに人気」と勧めてくれた、
このお店に初めて入店。その際には、私はアワビ粥を、
母は海鮮粥を頂きました。ここのアワビ粥は少し薄目でまぁまぁの味。
特に「旨い!」という程ではなかったのですが、
母の注文した「海鮮粥」はそのままでもとても美味しかったので、
再訪問の時は同じものを食べようと思って機会をうかがっていました。

そして今日そのチャンスがあり、午前10時頃入店。
お目当てだった海鮮粥を注文。
まず白湯と簡易おしぼりが出されて、注文後10分程度で、
お盆に乗ってお粥が運ばれてきました。
海鮮粥には牡蠣、海老、タコ、イカ、青ネギ、春菊、ズッキーニ、
セロリ、人参、青海苔、ゴマがバランス良く入っています。
(野菜類は小さく細かく刻まれ、魚介は小さめのもの)

IMG_3904 400 

期待通り、何も足さなくても魚介の旨味が出ていて、美味しかったです♪
湯気が立ち、温かいお粥の丼には青海苔とゴマが中央に美しくトッピングされ、
整えられた御膳にまず「いただきます!」と手を合わせました。
大きな器から直接ではなく、小さな取鉢に食べる分だけ盛り、
まずはそのまま一口、熱々の粥をフーフーと冷まして口に運びます。
優しいけど薄いという訳ではなく、しっかりと魚介の味がします。

見た目には魚介がたっぷり入っている感じはなく、
大き目の具がゴロゴロ入っているお粥を期待する方には
不向きかも知れません。ただ、一口ずつ食べる度に、
何かしらの具が味わえるので、私は美味しく楽しめました。
「あ、これはイカの味」「お、今度は牡蠣だっ」「ん~海老が来た~♪」
という感じで、ほぼ全ての「一口」の中で具と御飯の味がしました。

IMG_3897 400 IMG_3909 400 IMG_3910 400 

また特筆すべきは、このお店の副菜たちです。
白菜キムチ、牛肉の角煮を細く切り裂いたもの、大根のキムチの3種類。
全て粥と混ぜて食せるように、小さく切られています。
・白菜キムチは辛さ控えめ、野菜の甘みが味わえます。
・牛肉の角煮は八角の味が強く、中華風です。
・大根のキムチはカクトゥギを小さく小さく四角に刻まれており、
甘みと程よい辛味がと~っても美味しい一品です。
私はこのミニ・カクトゥギがお気に入りで、
別売りしてくれたら買って帰るのに…と思うくらい大好きです。

IMG_3901 400 IMG_3899 400 IMG_3900 400 

・大根入りの水キムチスープ。
…という名前なのかは分からないのですが、
とてもサッパリ・スッキリする酸味のある冷たいスープです。
しっかり飲み干すというよりも、口直し程度に少しずつ頂きました。

もう一つ、このお店で気に入っているのが、
小さなグラスコップに注がれたメシル茶です。
梅のジュースのようなものなのですが、味は正にアセロラ!
優しい甘みが食後の一杯としてピッタリです。
(ちなみに副菜、メシル茶などはお代わり自由です♪)

IMG_3906 400 

【その他の印象、気づいたこと】
・お粥のチェーン店で、市内でよく見かけるのは「ボンジュッ(本粥)」ですね。
でもこのお店はソウルや蔚山など他の都市にもあるようですが、
釜山では西面ミリオレ前のこの一店舗のみだそうです。

・メニューには英語、日本語共に併記されています。
注文の際はテーブルに設置されている電子ベルで呼べます。

・店内は明るく、小ぢんまりとしたサイズなのだけど、
女性ウケする雰囲気と清潔感があります。
二階席もあるのですが、天井が低く、
お客様が実際にそこで食事をするというよりも、
インテリアや雰囲気の一部としてのスペースのような印象です。

・このお店の唯一の欠点はトイレです。
鍵とペーパーをもらって、店外にある共同トイレを
使わなければならないのです。韓国にはセンスの良い、
店内が小奇麗なお店でも、トイレが店内に無いことがあり、
法律的にも義務化されていないため、改善することもないと思います。
どうしてもトイレに行きたい場合は、
真向いにあるミリオレの化粧室を利用することをおススメします。

・ここのお粥はほんの少し量が多目です。
食べると「充電完了!」とか「しっかり食べたー!歩くぞ♪」
と元気一杯になります。朝からしっかり食べて、
たくさん移動する予定の日の食事としておススメします。

・テイクアウトができるので、例えば夜の街歩きやショッピングをして
少し小腹が空いたときでも、ホテルに持ち帰って夜食にするのもおススメです。

・メニューの種類は豊富で、上の記載に加えて緑茶野菜粥、蟹粥、
牛肉+茸粥、牛肉+野菜粥、チーズと野菜粥、ツナと野菜粥、かぼちゃ粥、
小豆粥、くるみ粥もあります。またビビンバも海鮮、海老、韓牛、タコ、牛肉と茸と
8種類くらいのいろいろなビビンバも提供しているそうです。

【アクセス】
ミリオレの占いテントが並ぶ側の道路真向いにあります。
ミリオレへは、地下鉄西面駅の6番出口を出て、
すぐ反対側に向き、大きな通り(ガヤ路)を左手に見ながら直進します。
約数分歩けば、ステージがあるミリオレ店が見えます。
横断歩道は渡らず、十字路を右折すればすぐにお店が見えます。

IMG_3911 400 

【基本情報】
店名:죽마을 (ジュッマウル)
住所:부산광역시 부산진구 부전2동 168-273
電話:051-818-6070
営業時間:9:00~23:00
トイレ:鍵とペーパーをもらって店外へ。
洋式、汚くはないが薄暗い、トイレは真向かいのミリオレへ!
駐車場:なし

【最新入店日】2010年11月22日

♪ブログランキング参加中です♪
1日ワンクリックの応援、いつもありがとうございます!


大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 韓国 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。