スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッカリ事件簿:赤ちゃんの布団選び編

釜山は現在、しとしと雨が降っております。

前回の日記に書いたとおり、土曜日は午前中に家の大掃除を
MDくんと一緒に済ませ、とても気持ちよく家を出ることができました。
途中渋滞につかまりながらも、1時間半ほどで実家のテグに到着。

すぐにオモニムと妹のMJ、彼女の息子ヒョヌの3人をピックして
まずは昼食のために、テグ市内のレストラン通りに向かいました。
道路の両側に食事処が密集しているエリアがあり、
テグの外食産業を支えているというこの一角。
韓国料理はもちろん、日本料理、イタリアン、洋食、
ベトナムやインド料理、バーなども並んでいます。

ランチはオモニムの好みを優先して、
ナクチ(蛸)鍋に決定。ゆっくりドライブしながら
「ここがいいかな?この店はどう?」とMDくんとMJは
オモニムと相談しながらお店を決めていました。

入店したお店では、鍋とポックンパッ(炒飯)を注文。

IMG_0337 300

IMG_0342 400

生きたままの蛸をグツグツした鍋に投入して、
一気に煮あげます。野菜や海鮮のダシがきいたスープと一緒に頂きました♪

IMG_0346 300
IMG_0340 400

ポックンパッは炒めるのかと思いきや…辛い蛸と野菜を炒めたものを、

IMG_0345 300

ビビンバのようにご飯に乗せて食べるスタイルでした♪

IMG_0347 400

食事の後は一路、テグ市内の西門市場へ!
土曜の午後だったためか、非常に混み合っておりまして、
駐車する車が牛歩状態でした。MDくん以外は車外に出まして、
赤ちゃんの布団を選ぶために、オモニム行きつけのお店に向かいました。

狭い通路の両側に、見上げるように高く積まれた繊維ロールの壁を抜け、
「さ、このカタログの中から好きな絵柄を選びなさい」と勧められました。
結構厚めのカタログを2冊ほど見せていただき、
いろんなカテゴリーのある中、「赤ちゃん向け」とされるページを
全てチェックしました…しましたが…

(正直な話…ぜーーーんぶ趣味が悪い…)Σ(゚д゚lll)

ほぼ全てのデザインがチカチカするような色使い。
ブリブリなのに可愛くないキャラクター柄。
上品なデザイン、優しく温かみのある雰囲気はなし。
趣味の悪いオバチャンのコーディネイトを見てる感じ。

アジュモニがどんなに「イゴ イェップジョ(これ可愛いでしょ)?」
と聞いてきても、苦笑いするしかなくて…ほとんど絶句状態でした。

そのうちMDくんが駐車を終えて合流してきました。
私が彼に「これ…みてみて。この中から選べと言われたんだけど…」
と言って2冊のカタログを渡しました。彼も全てチェックして一言。

「やっぱり一緒についてきて正解だったね。この中からオンマに選ばせてたらと思うと…」
「MDくんもそう思う?あなたがこれならイイかって思えるようなのある?」
「ひとっつもないね。」

そこで私が日本のサイトで「こんな雰囲気の布団がいい」
と参考にみてもらうため持参した印刷物をみせると、
オモニムもアジュンマも
「あぁーこういうのはないわね。日本から送ってもらいなさい!」ですと!

(だから最初っからそう言ったじゃん!以前から何度も何度も
「趣味が合わないから自分で選ぶか、日本で買って送ってもらいます、
って言ったのに「私が布団は買うから!」ってゴリ押ししたのは誰?)

と言いたい気持ちをグッと抑えて、「もう少し私たちで探してみますけど、
やはり韓国で手に入らなかったら日本から送ってもらいます…」と伝えました。

MDくんも「僕たちの趣味に合う(デザイン)は韓国にないよ。
日本のお母さんに立て替えてもらって、送ってもらおうよ」と。

赤ちゃんの衣服などもネットやお店、デパートで見ましたけど、
お値段のわりにセンスのない、選択肢の少ない商品ばかりでした。
妹のMJは「赤ちゃんの衣服は前もって揃える必要はないよ。
産まれたらプレゼントとして、友人や親戚、周囲の人からもらえるから」
と言っていましたが、私としては(じょーだんじゃないよ!)と思ってました。

韓国内に私たちが「素敵ね」と思えるような赤ちゃん服がないのに、
家族(主にオモニム)から「これを着せなさい」なんて、
ショッキングピンクのブサイクうさぎの服なんかもらった日にゃ~
下品すぎて泣きたくなるに決まってますから!!!

わたくし、優しいオモニムには感謝しておりますが、
MDくんの両親は「モノをあげれば、それが何であれ相手は喜ぶ」
と思っている節があるらしく、自分たちが人様から譲り受けた
古臭い子ども用革靴を4足も準備して「これ赤ちゃんに履かせなさい」
と持ってきたことがありました。

MDくんは一目見て顔を引きつらせ、
「オンマ…頼むから、こういう事しないでくれよ…」
と半分泣き顔で頼んでました。私がオモニムの後ろで、
顔を硬直させていたのをみて、情けない気持ちになったのかも知れません。

以前からアボニムもオモニムもそういう傾向があったので、
今回「私一人で布団は選んで用意するから!」と主張する義母を止めて、
一緒についてきて本当によかったと思いました。
オモニムは布団に100万ウォンの予算を立てていたので、
そのお金がムダにならなくて良かったよ…と後でMDくんと話ました。
今はその予算でチャイルドシートを買ってもらおうよ…と相談しています。

とりあえず、何も買わずに私たちは市場を出て、
一旦実家に戻って、オモニムが買った干物などを置き、
MJの旦那さんをピックして、大人5人・子ども1人で釜山に戻りました。
なぜかって?

カニですよ!か~にっ!
土曜夜は機張市場で茹で蟹を食べる…というプランだったので♪

5時過ぎにテグを出て、8時前に機張に到着。
今までに行ったことのないお店に入り、茹で蟹を堪能しました!

IMG_8061 300






…と書きたいのですが、このお店でも最後の最後に「ガッカリ事件」
が起きてしまったのです。(T-T それについては後日また書きます。
「韓国では油断するな!」ってことを改めて学びましたよ…。

では、もう遅いので…みなさんお休みなさい♪

☆彡ブログランキング参加中です☆彡
「ど、どんなガッカリが?!」
というお気持ちでポチッと!

funny cats 3 300
(モノに八つ当たりはイケナイよねっ!
でも…次のガッカリ事件は本当に残念な体験だったんだよ…許してね。)
記事を読んでワンクリックしてくださると、ランキングが上がるため
モニター前で小躍りして喜びます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。