スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で出産 前編:産後調理院の部屋(動画付)

帰省する前にUPしておきたい写真が満載でございます。
今回は、昨年末から2週間ほどお世話になった産後調理院で
利用した部屋の写真と動画を載せますね♪

ミレ産婦人科は伽耶大路に沿って、
徒歩圏内のビルに新旧2つの産後調理院があり、
今回私は新館の方を予約することができました。
2度めの妊娠の時は、余りの人気に予約が取れず、
旧館の方で予約したのですが、今回は早め早めに動いたため
問題なく、希望していた新館の特別室C(A>B>C>一般室)が取れました。

IMG_0557.jpg

全てが個室で2、5~9階までが産後調理院にあたります。
3階には英語幼稚園のような施設が入っているようでした。
1階には子供服店、小さなトーストカフェ、エステティック店が入っています。

5階は新生児室、授乳室、スナックバー、チムジルバン、マッサージ室、看護師室があります。
6~8階までは出産を終えたお母さんたちが過ごす個室部屋になっています。
9階には食堂、セミナー室などがあります。

一般室と特別室の違いは部屋の大きさもあると思うのですが、
一番の違いは採光量が違うということ。一般室の窓はとても小さく薄暗い印象でした。
でも私が利用した特別室は部屋の一面が全て窓なので、北側だったのですが、
結構明るめの部屋で過ごすことができました。(動画参照)

部屋のドアを開けると左手に洗面台とトイレ・シャワー室があります。

IMG_0556.jpg
IMG_0552.jpg

逆に右手を見ると、中サイズのクローゼット&棚、冷蔵庫などがあります。

IMG_0555.jpg

その隣にはデスクトップ付の机と椅子、壁に取り付けられたTV、
もう一つテーブルと椅子のセットがあり、搾乳機などが置かれていました。

IMG_0554.jpg

ベッドはこんな感じで大人2人が十分一緒に眠れますが、
私は基本的に一人で大の字になって寝ておりました。(笑
枕元には授乳室や看護師さんからの連絡をとる電話と
赤ちゃんを入れるプラスティック製の箱がありました。
壁には酸素生成器もありましたよー。お昼頃にポコポコいってました。(笑

IMG_0553.jpg

最初はね、もう…一週間でも十分ですよ、と思っていたんですけど、
今回は帝王切開だったこともあり、二週間滞在できて有り難かったです。
設備として、同じ階に座浴ができる部屋もあったんですが、
私は一度も利用しませんでしたね…チムジルバンもあったけど入らなかった。
今思うと、ちょっと勿体無かったかなぁ。

朝6時くらいに「サンモ(産母)ニーム♪ 赤ちゃんが起きました。
授乳できますか?」という電話で起こされてから、
7時から食堂で朝ごはん、
部屋に戻ればまた、授乳コールで呼ばれるため5階に行き、
戻ってきてからは毎日違うアクティビティに参加するため移動し、
部屋に戻ればまた、授乳コール。
お昼ごはんを12時から頂いて部屋に戻ればまた授乳。
午後のアクティビティにも参加して、
部屋に戻って搾乳などしていたらまた授乳コール。
昼寝をする暇もなく6時から夕ごはん。
部屋に戻ればまた授乳コール。
夜9時以降は、授乳コールは止めてもらっていたので、
自分の時間を持ってネットしたり、シャワーを浴びたり、
会社帰りに寄ってくれていたMDくんと話したりして、
10時くらいには就寝…。

そんな毎日であっという間に2週間過ぎていましたねぇ。
チェックアウトの朝にはしっかりと掃除をして片付けて、
最後の記念に利用した部屋の動画を撮りました。


この産後調理院で特筆すべきは、看護師さんたちが全員、
天使のように優しい、ニコニコ、気持ちの良い方たちばかりだった
という事です。とにかく言葉もままならない私に親切に
とても温かくして頂きました。東京から帰ってきたら、
手土産持って改めて御挨拶に行こうと思っています。

後編は調理院で食べた食事の写真を満載で載せます♪

☆彡ブログランキング参加中です☆彡
記事を読んでワンクリックしてくださると、ランキングが上がるため
モニター前で小躍りして喜びます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 韓国 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。