スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウチの秋夕・良き嫁?!編:料理修業成果を義理家族が判定&義父の電撃オファー】

秋夕中に身体中に世界地図を背負ってしまったこと、
右耳の外耳炎などを患ったことを書きましたが、
そんな体調の中、わたくしは日頃の料理修業の成果を
夫の家族に披露するため(?)食材を揃えて準備したのでした。

何を作るはずだったのか…といいますと、
リクエストのあった牛丼、オムライス、ヒジキご飯を始め、
豚汁、白菜と帆立のスープ、副菜数種類…が候補に。

義母が刺激の強いもの、辛いものを控えないといけない点や
義父が塩辛いもの、しょっぱいものは苦手だという点、
義妹は韓国料理より和食が好きだという点、
お皿をたくさん使わなくても良い一品料理や丼料理が良い点、
4歳の甥っ子も好んで食べられそうなもの…など、
もろもろの点を考慮して、結局牛丼とスープ類、そして
茄子の揚げびたしと大根とツナのサラダを作ることになりました。

揚げびたしは釜山にいるうちに調理し、8本の茄子と3本のエリンギを
素揚げして和風のだし汁に浸しておきました。
他に必要な調味料や材料は調達して準備完了。シデグへと出発したのです。

1日目の食事は義母のリクエストだったテジクッパをテイクアウトしておいた
ものを朝食にし、昼は市場で買ってきた蟹を蒸してたべ、
夕食はMDくんが海で釣って下処理をした義母好物の魚料理を食べました。
秋夕だったにも関わらず典型的な茶礼の食事は作らずに、
普通の…でもご馳走や義理両親の好物などを頂きました。

私の登板は2日目の秋夕の翌日20日の金曜日でした。
この日は夜遅くに釜山に帰る予定だったので、
夜は自分の家で眠れる、という「希望(笑)」があったので
頑張れました。(苦笑

朝から注文通りの牛丼を調理。
市場で買った牛肉の薄切りや大量の玉葱、青ネギ、新鮮な卵を使い、
事前に作っておいた特性和風ソースをかけて味付け薄め(義母のため)の
牛丼を完成。前日から残った蟹の脚で出汁をとったテンジャンチゲと
持参した茄子と茸の揚げびたしをだしました。
(あっ、大根とツナのサラダはもう品数が多いので結局作りませんでした。)




さぁ…みなさん…いかがでしょーーーーーか?(^0^;;











まずは気にいらないと出されても手をつけないという
食事の味に辛口な義父は一番に箸をつけ、そのままスピーディーに食べ続け、
義母やMDくん、義妹夫婦とその息子(甥っ子のヒョヌ)が
食べ始めました。私が気がかりだった点は…

味にうるさい義父は完食するか。
義母は食が細くなっているので大丈夫か。味付け濃くないか。
義妹の旦那は野菜嫌いなので肉料理しか食べない。玉葱や葱、茄子は食べられる?
ヒョヌは子供。味に正直。ちゃんと食べてくれるかな?
MDくん…やつは大体なんでも食べる。心配なし!(笑

ということでした。結果は……?





















(ドキドキドキドキ……←義理家族のジャッジを待つわたし。)



























!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



























では…結果発表です!

義父は牛丼を完食!丼はきれーいに全てなくなっておりました!(嬉!
義妹はもともと和食が好きなのでやはり完食!(喜!
その旦那も結構たくさん食べ、茄子も茸も何度も箸をつけていた。(驚!
ヒョヌは…義妹が「マシッソ?」と聞きながらスプーンで与えていた…すると!



















「アニ~~~ッ!(美味しくない!」と発言!!!






















ガ―――ンっ!彼の口には合わなかったか…子供は正直だからな―。
と一瞬落ち込んで「ミヤネ~次はもっと美味しいの作るよう頑張るね」と
返したら、義妹が私をみて「NONO…」という。



(ん?なに?なんでNO?)



と怪訝に思ったら、彼女がヒョヌ用の器を手に取り私に見せてこういった。

「Ayaみてよ…この子すっごい食べてるわよ。普段こんなに食べないのに…。
口で言ってることと食べてる量は反対ね。(笑)すっごい食べてるわ~」と。



(T^T) えがったーーーーーっ!!!



そして最後に気になる義母の反応…。


実際、私の隣で食べている彼女は最初の一口も二口も、
なーーーーんにも言いませんでした。無言の反応とでもいいましょうか。
隣ですわって(大丈夫かぁ~?!ドキドキドキ…)と横目で
チラチラみている私には目もくれず食べ続けていました。

(あ、あのぉ…お気に召しましたでしょうか…)

とジャッジを仰ごうとしたそのとき!


彼女が義妹(料理苦手)にこういったのです!


「ヤーMJや。あんた、この料理、Ayaから教わっておきなさい!」と。

















オモニーーーーーーーーッム!
そ、それはどーーゆーー意味ですか~っっ!(T0T)/


そして続けてこうも!

「あんたも二人目の子供が生まれるんだから、いつまでも店屋物ばかりじゃ
ダメでしょーが。自分で料理できるようにならないと。野菜も食べないと。
ヒョヌだって赤ちゃんだって、食べ物が大事なんだから…わかってるでしょ?
Ayaがこんな風に料理できるんだから、習いなさいよ!」と。

「え~~~っ!分かってるけど~!私料理苦手なんだよねぇ…」
と返す義妹に義母はこう更に言ったんですよっ!

「あんたが習わないなら、わたしが習うわ!
Aya!あとでウチの茄子全部使って良いから、
この料理を作って頂戴。わたしが横でみて覚えるから!」と。

そしてさらにさらに!

「ヒョヌやー!これ(茄子)もっと食べなさい。
これが一番美味しいわ。この食事の中で一番美味しいわー」と!!!























やったどーーっっっ!!(T0T)9

(さぁロッキーのテーマ曲かけてくださいっ!)
(雨にぬれつつ茄子を買い、エリンギを両手にもってパンチを繰り出し
キッチン周りをランニングするわたしをイメージしてくださいっ!)

グローーーォーーーリーーーッ!(栄光
グロー――ぉ――ぅリ―――っ!(栄光
ヴィクトーォーーーリーーーッ!(勝利

同日の夕食も急遽、オムライスを作ることになり、
やはりこれらも全て完食してもらえました~♪(感涙

普通の茶礼ができなかった分、わたしの出来ることで
何とか家族の食卓が美味しい食べ物で彩られ、
みんなが満腹になってくれたことが何よりでした…。
ホント、芸は身を助ける。料理は芸、スキルですね!

それに今回とっても嬉しかったのは、
食後のお皿を洗っている義妹がこっそり私に言ってくれたこと。

「Aya…今日の食事は本当に美味しかったよ。ありがとう。
あのね…私の夫のことなんだけどさ。彼…野菜嫌いでほとんどの
野菜を好んで食べないんだけど、一番嫌いなのが茄子なのよ!」

(えっ?でもさっき何度も箸つけてたけど…?!)と返すと、

「そう!そうなのよっ!だからわたしもビックリしたの!
彼が茄子をあんなに食べたの初めてみたのよ~っ!ふふふ♪」

今が旬で簡単だから…という理由で選らんだ副菜でしたが、
思いのほか好評で、こんな感想まで言われたらね、もうね♪感激ですよね♪
料理出来て良かったーって思いました。母に感謝ですね。




さて。夕食も終わり、デザートのアイスクリームの食べて、
私たちは釜山に戻る予定の夜中になるまでひと眠りして備える
ことにしました。奥の小さな部屋でトミーとわたし、
MDくんはご両親と居間で寝転びながら何か話しているようでした。




























何を話していたのか…。
わたしは帰りの車内でその驚くべき内容を耳にするのでした…。
































その内容とは。

義父いわく「MD、お前さえよければ(お前が耐えられるなら)、
トミーを日本の小学校に通わせたらどうか?
義務教育は日本で受けさせたらどうか?」

というものだったそうです!

































アボニーーーーーーーームッ!!!
それはどーーゆーー意味でしょうか――っ!(@0@




MDくんの話によると…。
義父は内孫であるトミーに良い教育と環境を与えてやりたいと思っているそう。
そしてそのためには、韓国内よりも日本での教育の方がより良いだろうと
考えているそうで、MDさえ我慢できるのなら、嫁であるわたしとトミーを
東京に戻して、MDくんは釜山で働きつつ、トミーには日本の義務教育を
受けさせてはどうか…と打診したらしい。(驚!

結婚前から話し合っていたことの一つで、私達夫婦と義理両親の間で

「男子が生まれたら日本国籍を取らせ、日本人として生きるよう導くこと、
絶対に兵役には行かせないこと」

を常に確認していました。
義父は元軍人ゆえに、孫の兵役義務には反対で時間の無駄だと言っていました。

でもまさか…。
日本の義務教育を受けさせては?と考えていたなんて!

MDくんは、「トミーはインターに行かせる予定。
幼稚園も出来ればインターで韓国のには行かせたくない。
第一言語は英語で、まずは最低、英韓日の3ヶ国語話者として育てたい。」
という旨を伝えたそうです。義父はその案にも理解を示し、
やはり親子離れて生活するのは良くないか…とも言っていたそう。

義父もMDくんも韓国人でありながら、愛国心はありつつも、
やはり自国の限界というか、その教育の幅の狭さ、将来的には
韓国内で教育を受けても世界へ羽ばたくには難しいのだと
痛感しているのかも知れません。
無意識に日本への憧れもあるのでしょうし、
義父は特に孫にはより多くの良いチャンスを…と望んでいるのかも。
(彼は息子のMDにも私と結婚したことで将来日本国籍を望むなら、
韓国籍を捨ててもいいと話していたくらいですから。)

わたしは義父の秘めている思いを知って、
そのオープンマインドな提案と理解に感謝すると共に、
わたしも母親としてトミーのために出来る事は、
可能な限り与えて一緒に楽しんでいけたら…と思いました。

最近、とくにいろんな表情をつくり、コミュニケーション力が
育まれてきたトミーの言語力を鍛えるために、
ある考えを帰省中に実行しようと思っています。
釜山に戻ってきても使える教材になるとおもうのですが、
見つかるかまだ分からないので、購入出来たらまた
バイリンガル・マルチリンガル教育の取り組みとして
いつかブログに書ければいいな~と思っています♪

引越したら、本格的に計画していたトミーのための
言語トレーニング(英語&日本語、他もできたら…数年かけて)を
始めようと思っています。基本の考えは

「遊びながら、ゲーム感覚で言語を取得する」

ということですから、まぁ…面白い遊びとその教材を
手作りするってことですね。私が東京で英語を教えていた時の
経験とアイディアがうまく融合してトミーが楽しんでくれたらーと思います!

☆彡ブログランキング参加中です☆彡
ワンクリックしてくださると、ランキングが上がるため
モニター前で敬礼&お辞儀&小躍りして喜びます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
関連記事

テーマ : 韓国 - ジャンル : 海外情報

コメント

ayaちゃん
お疲れ様~~~。やっぱり義父母には気を使うよね。でも凄く喜んでくれて良かったね。本当に嬉しいよね。一家団欒食事の姿が浮かんでくるみたいでした。私も料理好きだから料理教室などしたとき美味しいって言われたら嬉しいし又してあげたくなるよね。そして日本食が好きだなんて嬉しいよね作りがいがあるな!こんなに美味しい料理を毎日食べれる旦那様も幸せね♡
そして茄子を食べたお兄さんにもびっくり!!どんだけ美味しいんだ(*^_^*)食べた―い!

そしてそしてお爺ちゃん 寛大な人だわ!やっぱり日本の教育がいいのかしらね?でも韓国も最近は教育事情もすごいよね

PS
ayaちゃん
メール7月にちゃんと届いてたごめんね!なかなか毎日メールチェックしなくて見落としてたよ 本当にごめんなさい
又、季節の手紙かメール送りますね(*^^)v

丼ものいいですね!
なんか勝手におもてなしするなら副菜たくさんの韓国チックでなきゃ、、、っていうので数年過ごし献立考えるだけでも結構大変でしたが丼ものもバリエーション豊富だし子供も老人も(笑)食べやすそうで良い良い!!

子どもって正直だから美味しいもの止めれないんですよねwww

Re: タイトルなし

ゆりさん~♪

良かった、メール届いてあったようで!(嬉!
FBでもつながっているので連絡のやり取りが簡単で良かったです。

やはりゆりさんにも嫁姑関係の微妙な感じ…とか義家族とのいろいろ、
ありますかね…?ありますよね~どこの家庭でも♪(苦笑
ゆりさんもお料理上手なんですね!いや、お仕事のことを存じてますから、
そうだとは想像しやすかったですが~次回ウチにお招きしたら、
何か作ってもらおうかな~(←招いてるのにゲストに作らせるとはナニゴトっ!笑

義父のオファー、ほんとに驚きました。
韓国の教育は韓国内でしか通用しないレベルの教育だから、
世界で仕事すると考えたときに歯が立たないと思っていると思います。
彼にも誤解している点と正しく理解している点の両方があるとは思うんですけどね。
トミーのことを思ってくれている気持は伝わったので嬉しかったです。(^^

Re: タイトルなし

KEGURIさん~♪

体調はいかがですか?もうそろそろ日常生活もキツくなってきたのでは?
二人のエンジェルちゃんたちは待ち遠しいでしょうね!

わたしも最初の数年は副菜多めのおもてなしで対応していました。
でも丼ものは最近人気がありますね…日本風ビビンパとでもいうのか、
こう…混ぜ混ぜして簡単に食せる点もいいのかなぁ~と。

甥っ子の最初の一言は「ヤバい!美味しくなかったか?!」
と一瞬焦ったんですが…勢いで「アニー」だったのか、
なぜあの反応だったのかは謎です。次回は「ネ~♪」って
言いながら完食してもらいたいです。(笑

ドキドキ

 料理の結果、読みながらドキドキしてきました。でも、よかったですね。作ったものがおいしいと思ってもらえると、本当にうれしいと思えますもんね。また、義父・母など、Ayakaさんの周りが好意的に接してくれているのを感じて、私まで嬉しくなってきました。
 さて、知っていたらでよいのですが、釜山に障害者のマッサージセンターのようなものがあり、そのマッサージがとても良いようなのです。私の義父にいいかなと感じて、いろいろ探していましたが、今はやっていないようです。ご存じないでしょうか。難しければ、お答え必要ありません。
 ひさしぶりに、読ませてもらい、嬉しくなりました。これからもAyakaさんとその周りが幸せいっぱいでありますように。

Re: ドキドキ

HIDEBOさん~♪こんばんは!

お料理は現在も進行形で修業中でございます♪
でも好きでやっていることが誰かを楽しませたりできるのは、
とても幸せなことだと思います。ふふふー♪

あとマッサージセンターのことですが、
多分以前は釜山鎮駅近くにあった視覚障害者による按摩マッサージのことかと。
わたしも利用していたのですが、数年前に経営問題が発覚して、
マッサージ師の方たちはバラバラになってしまわれました。
そのセンターを紹介してくださった方が転移した方たちの数人が
活動再開したと教えてくださり、わたしも再訪したのですが、
いかんせんアクセスが難しいです。地下鉄とバスを利用してはるばる行く…
という感じです。2号線のグポ駅からバスで20分くらいの非常にディープな
場所にありました。価格が非常に良いので魅力的なのですが、
そのアクセスのし辛さで、リピートはしておりません。
先生の技術も…以前ほどの感動はなかったですね…うーーん。

最近はわたしは西面のロッテホテルの裏にあるO2マッサージ店のソン先生を
指名して利用しております。女性の方ですが丁寧な仕事でお気に入りの先生です。
時間がない旅行の中で、有効かつ安全な旅をなさってくださいませ~♪

情報ありがとうございます

 さっそくのご回答ありがとうございます。やっぱりもうなくなっていたんですね。いいものがなくなるなんて、少し悲しいです。今年の冬は、釜山に行く予定なのですが、他にも行きたいというか行かないといけない所も出てきそうで、ぎりぎりまで、予定が立てられません。体が二つ欲しい。では、また。情報提供感謝の文です。お返事は要りません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。