スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完全帰国へその2:離婚話から驚きの結末へ…】

その1からの続きです。

今週の月曜の午後のことでした。
その前の週末に話し合い、「週が明けたら月曜の午後に裁判所に行きましょ」
という結論だったので、午後三時に仕事を早めに終えて帰宅する彼を待っていたのですが、
電話がなって「やっぱりどうしても別れたくない。もう一度話し合いたい。」
と言ってきました。もうすっかり今月中には帰国するつもりだったので、
わたしは荷造りを始めており、出鼻をくじかれる電話だったのですが
前回も書いたとおり、お互い憎みあっての離婚話ではなかったので、
(あの時、話したいと言ってきた相手を受け入れていれば…)という後悔もしたくなかったので、
とりあえずもう話したいことは言っとけ、聞いとけ、気が済むまで!という気持ちでOKしました。

その夜、彼が話してくれた事は、今までの話し合いを根底から覆すものでした。

結論をいいますと。

夫の会社はドイツに本社がある外資会社なのですが、
欧米を中心として、日本とアフリカ大陸を除くすべての大陸に支社があり、
最近は豪州、ロシアなどにも進出しています。
日本での取引は今まで韓国支社がカバーしていたのですが、

今回。

MDくんの直属上司であり社長であるリー氏が、
日本支社を東京に設立することを決心し、
その社長としてMDくんを送り出すことにしたそうです。


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ホントですか?

本当に日本支社創めて良いんですか?

それって最高のシナリオ展開じゃないの!!!(歓喜

この話は数年前から何度か出ていたのですが、
具体的な時期や本気度はまだまだ先の話ね~という印象だったので、
MDくんから「リー社長が日本に行ってもいいって」
とGOサインをもらったと話した時は一瞬耳を疑いました。

どういうことかと、詳しく尋ねると…。

MDくんを社長として、日本支社を設立する。
当分のお給与は今まで通りの額を韓国支社から受け取る。
1年から数年かけて日本でのビジネスを軌道にのせる。
ある程度軌道に乗ったら、本社から正式に日本支社として
韓国支社から切り離して扱ってもらうことになる。
MDくんは東京で働くことになる。私たち3人で暮らせる。
彼は明日からドイツに出張なので、釜山に戻ったら
改めて社長と具体的な計画について話し合う…

ということになるようです。

ま さ か っ !
社長がこのタイミングでMDくんを手放してくれるとは思わなかったです。
彼は韓国支社にとって大黒柱的存在なんですね。
だから社長はMDくんを側においておきたかったはずなんです。

で も っ !
この話は完全に!パーフェクトな「渡りに舟」な流れ!

MDくんは日本語を本気で勉強するといい、
来年の設立に向けて少しずつ動き出すそうです。
リー社長はMDくんから離婚の話を聞いたとき、
「お前に出張ばかりさせて、Ayakaさんに寂しい思いをさせてしまった。
彼女が東京に帰りたい気持ちもわかるし、お前たちの離婚の原因のひとつは
俺の責任でもある」と非常に理解してくれたそうで、
今回のわたしの心の声に従った行動が、社長の決心を固めたようでした。
社長の一大決心に心から感謝しています。
危うく離婚し家族バラバラになりそうな展開が、
大逆転のホームランで、一気に話がまとまったのですから。

ただ、わたしが日本に帰国する時期がちょっと延びただけ。
本当は7月中に戻る予定でしたが、9月末になりました。

MDくんはまだあと1年くらい、釜山でひとり暮らしするかもしれないのですが、
わたしはその間にトミーと実家の母と3人で暮らして、
保育園の手配やら仕事復帰のための準備を進めたいと思っています。
この先一緒に暮らせるのであれば、1年くらい単身赴任だと思って大丈夫でしょう。

こんな話があるのかって、疑ってしまう気持ちもあって当然なのでしょうが、
わたしはある確信を持ちました。

(やっぱり引き寄せの法則で、願いが実現化したんだ。
やっぱりこの方法を、わたしはマスターしつつあるんだ)ということ。

というのも、2年くらい前にわたしは、紙に自分の願いを書いていて、
その中に今回の流れのように「MDくんが日本支社長になる。
東京で家族みんなで元気に仲良く暮らせるようになる。」と刻んだからです。

具体的にどうやったのかは、また続きで…。

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

お久しぶりです(=゚ω゚)ノ
水曜どうでしょうの好きなささっぴです!
ブログ読ませて頂きましたが色々と急展開でびっくり
ぜひayakaさん帰国の際はお会いしたいですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

実は今年の始めに一足先に帰国していました。要町に( ´ ▽ ` )ノ笑
原因は姑と私の関係が合わず、旦那も含め家族皆ストレスがたまり姑を釜山に残し帰国しました(^^;;
今は色々とストレスも減り、気分が楽になりました(((o(*゚▽゚*)o)))


衝撃の展開にびっくりしました。

社長さんが、とても理解をしめしてくださったのが嬉しいかぎりですね。

帰国が少し延びましたが、準備すすめつつ ayakaさんのやりたいことを練る時間にさらにあてましょう!

さらなる 展開が順調にすすむことを願ってます。


あっ やはり なにごともポジティブシンキングですね。

びっくり

 ま-。良かった。
 実は、8月7日から1週間、韓国に行く事にしました。船を予約して、行きと帰りだけ確保。後は、じわじわと行く所を決めて、いつものスタイルでした。妻も一緒で、妻の好みも考えながら、ソウルを中心にあれこれ考え調べていました。で、そろそろ、釜山もどう動くかを考えてと思い、久しぶりに訪問しました。
 離婚というのは、結構重いです。離婚した事は無いのですが、分かります。それを回避できたのは、とても運が良いと感じます。
 また、反対の事を言っているようですが、何があっても幸せになれるのではないのだろうかとも思っています。
 なにはともあれ、良い方向に行っているってことですよね。うまく言えませんが、離婚はしない方が良いです。
 では、また。

No title

しばらくブログの更新をされていなかったので、どうされているのかなぁと思っていたのですが、大大大展開ですね。

ayakaさんのまっすぐな決断が引き寄せたんですね。

おめでとうございます~!

日本に帰国される事実は寂しい限りですが、それよりも幸せのために前進されている姿素敵&尊敬です。

ブログには書ききれない、いろいろな心情を通過されての結果なのだと思います。

完全帰国までお忙しいと思いますが、もし時間があるようでしたら最後にお会いできると嬉しいです。

わーーーーーー!

なんて、こんなすばらしい流れになるなんて。
すごいですね・・読んでいて鳥肌が立ちました・・・
でも本当に引き寄せの力ってあるんですね。
9月の帰国が待ち遠しいです!
10月に東京へ試験を受けにいく予定があるので、ぜひお目にかかりたいです。
それより引き寄せの方法を具体的に教えて欲しいです^^

Re: タイトルなし

ささっぴさん~おはようございます!

なんとっ!先に帰国なさっていたのですね!
しかも要町…kkkk…徒歩圏内!めっちゃ近っ!
前に住んでいらっしゃったエリアに戻ったということでしょうか。
わたしも実家に戻るので小竹向原に舞い戻ります♪ご近所じゃん!(笑

旦那様も含めてのストレスを与えるお姑さん…大変でしたね。

やっぱり東京に住んでいた人たちが釜山にくると、
生活水準そのものでストレス受けまくるようです。
わたしが知り合った東京出身者や東京で仕事をした経験のある
地方出身者の方たちは口を揃えて同じことを仰っていましたね…。
ソウル出身者でも釜山の生活に耐えられず鬱になってしまったそうで。

その気持ち、すっごいわかる…。
旅行で来るのと住むのとでは、かなり違いますよね。
釜山そのものがどうこうではなくて、
都会で育った者にはちょっと…田舎すぎる点が辛いんです。
でも、わたしもあと2ヶ月弱で戻れます。
戻ったら水を得た魚のように自由になれます…楽しみです♪

落ち着いたら連絡し合って、ぜひ会いましょう!
お子さんもウチのトミーと同じくらいの年でしたよね?
トミーはもうすぐ1歳7ヶ月になります♪

Re: タイトルなし

智子さん、またまたおはようございます♪

そうなんです。本当にビックリしました!
自分で願っていたこととはいえ、このタイミングで
しかもスムーズに展開したことに驚いたのです。

今はすでに始めていた荷造りを毎日チョコチョコやっています。
基本的にわたしの荷物は大量の書籍なので、小さめの箱に
ぎっしり詰めている日々です。
8:1:1=本:衣服:調味料って感じで。(笑

トミーが寝てからは、東京の生活に関するリサーチをやっていて、
毎日ワクワクしています。完全帰国が決まってから鼻歌が増えました。(笑

あと、1年くらいはMDくんだけ釜山に残るので、
その間にもしかしたら数回は遊びにくるかもしれません。
今のうちにテジクッパいっぱい食べておかないと!と思っております♪

Re: びっくり

HIDEBOさん、おはようございます!

夏休み、また韓国にいらっしゃるのですね♪
わたしも東京に帰ったら、ソウルに行く機会が増えるかもしれません。

離婚は確かに大変ですねよ。わたしの周囲にも何組がいるので
想像がつかなかったわけではないのですが、
実は、女性側からすると離婚した後の方が自由で充実して幸せそうなので(苦笑)
あまりネガティブには思っていませんでした。
それよりも尊敬していない、愛し合っていない夫婦の元で
子育てするのは精神衛生上、教育上離婚より悪いと思っています。

ですが…私たちの場合、憎んだり嫌いになって離婚しようとしていたのではなく、
育児を東京でしたいという優先事項があったため、
別居を嫌う夫が「仕方ないので離婚に…」という流れでした。
その点も、彼が東京に仕事ができ堂々と安心して移住できるという
話が生まれたことで、スッキリとして気持ちで元サヤに収まれました。

また、HIDEBOさんのおっしゃる通りで、
何があっても幸せになれるのでは…ということ、
本当に本当にその通りだと深く共感いたします。

理由をコメント欄に書いたら、長くなってしまうので割愛しますが
本当にそのとおりなんですね。
久々にHIDEBOさんから温かく深いコメントをいただき
感謝しております。ありがとうございます!
奥様との韓国旅行、楽しんでくださいませ~♪

Re: No title

cyogeさん~おはようございます!

cyogeさんは行間を読む力というか感性が飛び抜けているようで、
わたしがブログに書ききれない心情まで想像してコメントしてくださるので
いつも感心、感激しております。

本当に文章では書ききれない、様々な障害と心痛、
悩みに悩み抜いての決断をしてきました。
離婚という話も、今に始まったことではなく、
新婚当時から、文化の違う他人と異国で暮らすという
大きなストレスと対峙している毎日から喧嘩や
言い争い、話し合い、譲歩や妥協はいっぱいしてきましたから。

それはどの夫婦にも、どんな家族にもカタチを替え、
シチュエーションを替え、あると思うので普通だと思っていますが、
自分の生活や人生に責任を持てるのは自分自身のみなので、
悩んだ末の離婚話でした。他の方のコメントにも書きましが、
それでも尚、頭の中にイメージしていたのは、関わる全ての人が
笑顔で幸せな状態だというものでした。

結果とその先をイメージすることが現実化を早めるので、
それに徹したのが今回の素晴らしい展開を引き出したのだと思います。

cyogeさんにはウチにいらして~と話していたので、
わたしも帰国前に時間をつくってぜひ、最後にご挨拶&チャーのみ&
歌い踊り明かす宴を催したいと思います。(←そんなに?

そのためにも今は家の掃除、片付けに集中致します♪(苦笑

Re: わーーーーーー!

emiちゃん~またまたおはようございます!

10月の試験は韓国語のかな?
10月ならきっと帰国していると思うんだけど、
連絡先をFBとかでもいいので、あとでまた交換しようね♪

引き寄せの方法の具体例、その3に書いておいたよ~!
実際に会った時にまだ理解しきれない点があれば
お話して補足するね!失敗例も成功例も多いから、
参考になると嬉しいわ♪また会えるのを楽しみにしています!

Re: おめでとうございます

Keguriさん、おはようございます。

祝福していただいて、大変恐縮なのですが、
多分心当たりがあると思う、韓国人の言う事二転三転の術...によって
この記事の内容通りにはいかなくなりました。
3ヶ月前に帰国した時すでに、離婚申請をし、今回釜山に戻ってきたのは
正式に離婚するためでした。でも東京に戻って自分らしさを取り戻しつつあり、
実家で母に親孝行しつつ幸せをかみ締めております。

改めてご報告記事を書くつもりなので、
もうしばらく「最終結果」をお待ちください♪(笑

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。