スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感性磨:映画 マーガレット・サッチャー】

THE IRON LADY
2011年 105分 イギリス

この映画はメリル・ストリープがサッチャー女史を
演じることで成り立った作品だと思う。
映画のストーリー…というか脚本自体は退屈で、
彼女の人生の上辺をさ~っと駆け抜けてしまった感じ。

でもメリルの演技は(正に!)女王の貫禄で圧倒的で
心に迫るものがありました。孤独や周囲から理解されない哀しさ、
愛する亡き夫を恋しく思う気持ちを瞳で表現してしまう
演技力に引き込まれてしまいました。

偏見ばかりの男性社会で信念の強さと志の高さで
一国の首相にまでなった彼女の事をもっと知りたいと
思えるきっかけになった映画です。
関連記事

テーマ : 私が観た映画&DVD - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。