スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感性磨:映画 マンデラの名もなき看守】

著者 :
ポニーキャニオン
発売日 : 2009-04-24
GOODBYE BAFANA
2007年 117分 フランス、ドイツ、ベルギー、南アフリカ

27年間にもおよぶ獄中生活の中で
ネルソン・マンデラ氏と交流のあった
白人看守との実話を基にした映画。
黒人に対する偏見が当たり前だった国と時代の中で
マンデラ氏との交流によって思考や心が徐々に
変化していく様子が淡々と描かれている。
あくまでも看守からの視点が中心なので、
マンデラ氏からのメッセージは少ないのだけれど、
一つ一つの言葉や滲み出た品格は正に王者そのもの。
彼をもっと知りたい方は「自由への長い道」をお薦めします。

1986年南ア、アパルトヘイト推進
黒人は投票権・不動産権無し、住居・就職・教育で差別される
ロベン島
ポールスムーア刑務所
ヴィクター・フェルスター刑務所(釈放された刑務所)
コサ語
アフリカ民族会議(African National Congress, ANC)
自由憲章(Freedom Charter)
関連記事

テーマ : 私が観た映画&DVD - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。