スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感性磨:映画 推理作家ポー最期の5日間】

著者 :
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
発売日 : 2013-03-20
The Raven
2012年 110分 アメリカ

謎解きのストーリーとしては脚本が弱い。
犯人を知っても動機やどうやって犯罪を遂行したのか
詳細が明らかにならないまま、消化不良の状態で終わってしまった。
そして私がこの作品を最大限に楽しめなかった理由は
見立て殺人に使われた彼の小説や短編を読んだことが
なかったからだと思う。事前に読んでいたら、
あの話がこう模倣されて…ふんふん…あぁ~あの事件ね…
と楽しめたと思う。あと鑑賞後に見た、特典映像の
内容を先に見てから再生すれば良かったと思う。
映画は最高の総合芸術だと再認識させれられるほど
製作の様子(編集、音楽、衣装、メイク、出演者など)の
一本の作品へ注ぐ愛情と情熱の深さに感動した。
関連記事

テーマ : 私が観た映画&DVD - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。